工場

フッ素コーティングの効果で防湿性などの便利な特徴を持つ製品類

工場の機械

製品の見栄えを改善したり耐久性を持たせたりするのに、各種のコーティング技術が使われています。フッ素コーティングもその一つですが、この加工を施すことで、製品が他の物質を表面にくっつけなくなるという効果を発揮します。この効果のお陰で、様々な便利な特徴を備えた製品を作ることができます。
そのいい例が防湿性を備えたウェア類や金属製品です。ウェア類のように身に着けて使う製品は、フッ素コーティングで防湿性という特徴を備えることによって、通気性の優れた着心地のいいものになります。加えて、湿度が高くなりがちな狭い場所で保管しても、湿気で生地が傷む心配をしなくて済みます。また、金属製品においても、防湿対策は非常に重要です。防湿性という特徴を持たない金属製品は、水に濡れてそのままだったり、高湿度の環境下に長く置かれていると、錆びついて本来の機能を発揮できなくなります。
その点、フッ素コーティング加工された金属製品なら、フッ素樹脂の薄膜が水や湿気による影響を食い止めて、製品の錆びつきを防いでくれます。フッ素コーティング加工された金属製のキッチンウェア類が、簡単に錆びつかず、耐久性が非常に優れているのも、しっかりとした防湿対策が出来ているためと言えるでしょう。

金属製品を防湿対策で錆び付かなくするのに役立つフッ素コーティング

使い捨ての製品でない限り、大抵の製品では耐久性が要求されます。金属製品の大半は、耐久性を備えていないと、実用面で殆ど役に立たなくなってしまうでしょう。金属製品に耐久性を持たせ、更にそれを向上させるための対策は色々ありますが、防湿対策がその一つとして欠かせないことは確かです。金属は一見非常に丈夫で、半永久的に壊れないような印象さえありますが、水というごくありふれた物質の影響で錆び付くというウィークポイントを抱えています。
そこで金属の防湿対策としてよく利用されているのが、フッ素コーティングです。製品をコーティングするには様々な物質が使われますが、フッ素樹脂を使ってコーティングすると、空中の湿気や水分を製品表面ではじいて、吸着しなくなります。そのため、金属をフッ素コーティングすると、防水防湿効果が発揮されて錆び付きによる劣化を防ぐことができるのです。
これは特に屋外に設置して長く使う金属製の機器類や、水蒸気で湿気が多くなるキッチンで使う金属製の鍋やフライパンの耐久性向上に便利でしょう。フッ素コーティングで防湿対策済の金属製品は、錆び付きが原因で壊れたり機能低下するリスクが低い優れた製品と言えるでしょう。

フッ素コーティングによる防湿対策で製品の利便性が増す

一つの加工を施すことで、いくつもの便利な特徴が製品に付与されて利便性が大幅に向上する場合があります。そのような加工法の一つがフッ素コーティングで、これによって従来よりも格段に便利になった製品に鍋やフライパンがあります。フッ素コーティングによる非粘着性が、くっつかない、こげつかないという特徴として広く知られていますが、それだけではなく、防湿効果も見逃せません。鍋もフライパンも素材は金属ですので、フッ素コーティングで防湿することで、錆びの発生による機能低下も抑制することができるのです。
また、フッ素コーティングによる防湿効果のお陰で際立って利便性が増したと言えるのが、皮革製品や衣服類でしょう。皮革製品は、素材の皮革が湿気に弱い特徴を持つため、フッ素コーティング加工で水を吸わなくするだけではなく、スプレーなどで防湿効果を補強する対策も取られています。衣服は通気性がよくないと着心地が悪いものですが、フッ素コーティングで防湿効果を備えた繊維で作られた衣服なら、湿気が中にこもらず、快適な着心地を維持してくれます。
このように、フッ素コーティング加工のお陰で防湿性を付与され、従来よりも品質レベル、利便性が改善された製品が沢山あります。

ピックアップ

  • 水しぶき

    撥水効果と防湿効果で建材の品質を保つフッ素コーティング

    屋外の建築現場に、新しい建物を建てるのに使う建材が積まれているのをよく目にします。大きな建物な…

  • 光学レンズ

    フッ素コーティング加工で製品の防湿対策をするメリット

    製品のコーティング技術の一つであるフッ素コーティングというのは、フッ素樹脂の薄い膜で製品表面を…

  • 基板

    衣服や靴の防湿対策に有効なフッ素コーティング剤

    梅雨時や真冬など、雨や雪のおかげで身に着けるものが濡れる可能性が高い季節は、衣服やシューズに防…

  • 作業服姿の男性

    フッ素樹脂加工の鍋類は防湿性も備えている

    フッ素樹脂加工という名称は、主に、こげつかないフライパンや鍋類で使われています。この特性は、原…